みんなの思考屋さん

思考を拡げ深めるためのブログ。思考屋さんが、皆さまの考え事や世の中の出来事を皆さまの代わりに考えます。

『UVERworld/EDENへ』その曲に込められた意味とは!?夢を追い求める人への応援ソング!?歌詞から意味を解釈してみた!【歌詞考察】

f:id:koji_shikouya:20190207215412j:plain


今回、考察するのは「UVERworld/EDENへ(amazonでCDを買う)

この曲は2018年11月17日に発売されたシングル「GOOD and EVIL / EDENへ」に含まれる曲です。テレビドラマ「インベスターZ」の主題歌にもなっています。

「UVERworld/EDENへ」の歌詞全文

歌詞は以下サイトから引用させていただきました。

www.utamap.com

「UVERworld/EDENへ」の歌詞要約

 この曲には「未知の世界への挑戦」との意味が込められており、曲自体も「挑戦」というのに相応しいくらいの力強い重低音が響く曲になってます。理想郷を追い求めて進む人への応援歌になっています。

 

フレーズごとの詳細な解説

では各フレーズの意味を詳細に説明していきます。

1番の意味

【1番Aメロ】

その心に訪れる不安も失意も自暴も明日への憂いも
すべてのペイン消し去るような そんな楽園へ
これ以上悲しませぬように EDENへ

[解説]

不安な感情や憂いなど負の感情から抜け出せるその楽園のような場所に行こうとしています。
これ以上悲しませぬようにといっている事から、楽園のような場所に行きたいと自分自身が思っているわけでなく、他の誰かをそんな現実から連れ出してあげたいという感情ではないでしょうか。
EDEN=ユートピアと繋げるなら、現代の縛られた生きにくい世の中を抜け出して、もっと自由に自分らしく居られるような楽園のような世界に連れていってあげたい、という気持ちにも聞こえます。 

 

【1番サビ】

つれてくよ そうパラダイス 君のそのすべてを
そうパラダイス 僕と君だけの 理想を絵にしたそんな場所へ
つれてくよ そうパラダイス すべてを誘う

[解説]

ここで僕と君と表現している事から、やはり自分以外の「君」を楽園へ連れていってあげたいという事がわかります。
僕と君だけのと言っていることから、その相手は特別な相手、恋人ではないかと捉えました。
君の全てを受け止めるから僕と一緒に行こうよと言っているようにも聞こえます。

 

2番の意味

【2番Aメロ】

あの人を選んだあの子の理由も
あの日しかってくれた先生も
繋がる理由 裏切る理由
僕を救ったレコード会社も
だいたい目的は同じ みんなお金のため

[解説]

相手を選ぶ時の決め手だったり、自分を想い手を差し伸べてくれた話だったり、一見関連のない話のように聞こえます。
しかしそれは付き合う相手がお金持ちだったり、お金の為に働いている事だったり、結局行き着く理由の先はお金なんだよと言っていますね。
また繋がる理由がお金であれば、裏切られ離れられる理由もお金だよと皮肉っているように聞こえます。

 
【2番サビ】

抜け出したよ そうパラダイス 本当の意味で心
そうパラダイス 満たすものすべてと
理想を絵にしたそんな場所へ
つれてくよ そうパラダイス そのEDENへ
そのEDENへ

[解説]

「抜けだしたよ」から始まっている事から、そんなお金で繋がっているような世界から抜け出したと言っているように思いました。
その後に続く「そうパラダイス」の部分から開放感が読み取れます。
お金の関係を抜け出し、繋がっている理由が心と心である理想の世界にといったニュアンスでしょうか。

 

大サビの意味

【大サビ】

生きていくため必要以上は虚しいだけ
信じるもの この心とそのEDENへ
連れてくよ そうパラダイス 君のそのすべてを
そうパラダイス 僕と君だけの 
理想を絵にしたそんな場所へ
連れてくよ そうパラダイス そのEDENへ
そのEDENへ

[解説]

生きて行く為に必要なもの以上のものは虚しいという部分を、例えばお金で解くとします。
お金は生きて行く上で絶対的に必要な存在で、きっとあればあるほどいいと考える人もいると思います。
しかしお金が必要以上にあると確かに裕福な暮らしは出来ますが、お金につられて出来る関係もその分増えていくと思います。
そんな薄っぺらな繋がりばかりだけが増えても虚しいだけだ、と言ってるのではないかと思いました。
なので君とは心と心で繋がっていると信じているし、そんな君と一緒に居る事で楽園にいける、と歌っているように聞こえます。
そしてそんな君がいるからこそ楽園だと、「僕」はきっと思っているのではないかなと感じました。
最初はEDENに行こうと言っていた主人公ですが、後半は「そのEDEN」となっています。
「その」というのは、理想を詰め込んだ楽園というだけでなく、君といるその世界こそが楽園だと言う事を指しているように思えました。

 

おわりに 

いかがでしたでしょうか?

楽園と聞けばなんだか明るくハッピーな感じを想像してしまいますが、しっかりと社会に対するメッセージ性も秘めた曲になっていてかっこいい曲だなと思いました。
この歌詞にUVERworldの力強いサウンドが更にかっこよさを引き立てています。
心の繋がりを純粋に求め、新たな世界へ踏み出そうとしているようなそんな雰囲気が伝わってきて、聞きやすく素敵な曲だと思います。

 

歌詞の本当の意味はライブで聞こう!

歌詞に込められた本当の意味というのは、当たり前ですが作詞した本人にしか分かりません。

そんな時はライブに行きましょう!ライブに行けばMCなどでその曲に込められた本当の意味を聞くことができるかも知れませんよ!

■チケットを買うなら【チケットストリート】