みんなの思考屋さん

思考を拡げ深めるためのブログ。思考屋さんが、皆さまの考え事や世の中の出来事を皆さまの代わりに考えます。

『m-flo/Piece of me』映画「PRINCE OF LEGEND」の主題歌!歌詞から意味を解釈してみた!英詞の日本語訳あり!【歌詞考察】

f:id:koji_shikouya:20190214225640j:plain

今回、考察するのは「m-flo/Piece of me(amazonでCDを買う)

この曲はあの大人気を博した『HiGH&LOW』シリーズをプロデュースしたTEAM HI-AXが手掛ける新企画である「プリンスバトルプロジェクト」の一環で製作された映画『PRINCE OF LEGEND』の主題歌に選ばれた曲です。

また現時点でCDでの販売はされておらず配信限定曲となっています。

 

「m-flo/Piece of me」の歌詞全文

歌詞は以下サイトから引用させていただきました。

www.uta-net.com

 

「m-flo/Piece of me」の歌詞要約

今回、映画と同名のドラマ『PRINCE OF LEGEND』からの引き続きの主題歌起用となりました。m-floらしいリズミカルな曲調と切ない恋心を歌う歌詞で、どこか懐かしい感じがする一曲となっています。

 

フレーズごとの詳細な解説

では各フレーズの意味を詳細に説明していきます。

1番の意味

【1番Aメロ】

forever and ever...

here comes knockin' down
悲しすぎる loneliness
無音が叫ぶ
探す left and right
自ら目覚め出す
嘘を演じ、飾る

[解説]

「forever and ever...」は永遠にいつまでもという意味になります。永遠にいつまでも一緒だと信じていたものが崩れていく…そんな悲哀を感じます。

「here comes knockin' down」、これは悲しみがやってくる、そんなニュアンスになります。やはり、別れのシーンを連想させます。

loneliness(孤独)に押しつぶされそうな主人公の姿が浮かびます。音がないはずの無音に対して叫ぶという描写を使っていますね。静寂は実はとても響くものなので、まるで叫ぶように孤独な心に刺さるということでしょうか。

探し物は本当の自分自身であり右から左からあちこち探していますが見つからない…
だから自らを嘘で固め飾り無理矢理にでも目覚めさせているんですね。そういったとても苦しい心情がうかがえます。

 

【1番Bメロ】

secrets 旅する miles and miles
回り、gravity
secrets 遠くへと miles and miles
いつか gravityが戻す

[解説]

「secrets」は秘密、「miles and miles」はそのまま遠くへ遠くへという意味になります。秘密の旅=傷心した自分自身を見つめなおし、再び立ち上がる為の毎日でしょうか。

「回り、gravity(重力)が返す」、ここでの重力とは抗えないものを指していると思います。いくら振りほどこうとしても決して抗うことはできず、回りまわってここに戻ってきてしまう…それほどに忘れられない傷を抱えている辛さがあわられていますね。

 

【1番Cメロ】

where would you go my love
いつまた会えるの?
信じていい? what I believe in you?
どこへと、my love
待っているよ
when would you see
痛い真実

[解説]

「where would you go my love」(どこへ行くの 私の愛しい人よ)、「what I believe in you?」(君の何を信じればいい?)とあるように、だんだん気持ちが離れていくことに対する不安な気持ちが続きます。ここは別れてしまう直前でしょうか。気持ちが離れていることに気付きながらも、それでも待ち続ける一途な想いが伝わります。

ただ、主人公はそんな気持ちの反面、「when would you see」((真実を)いつ見つめようか)と痛い(=相手との関係に希望がない)真実を見つめるための勇気も探っています。

 

【1番サビ】

stop,
see wherever you go
promise me 私の欠けらだけでもいい
stop, see いつまでも
胸の奥で連れてjust take a piece of me

[解説]

「see wherever you go promise me」(ねぇ、君がどこへいこうとも約束して)、「胸の奥で連れてjust take a piece of me」(ただ欠けらだけでもいいから連れて行って)。この部分がこの曲の核になると思います。

たとえ君が私の前を去って行ってしまうとしても、欠けら(=思い出や好きだった気持ち)だけでも連れて行って(=忘れないで)ほしいという、切ない切ない恋心ですね。

2番の意味

【Dメロ】

一人でも大丈夫
一人でも大丈夫
なんて言い続けてたら周りからも「大丈夫?」って
聞かれなくなってから気づいた今の孤独な現状
身も心もエンスト
こっそり神様に SOS信号
転送してるのに既読になる気配がない
WHY? WHY ASK WHY? WHY?
聞いても答えは出るわけないから
好きなら好きだと伝えるべき
チャンス逃すな
ぶつけられる時ぶつけるべき
Let yourself go if you know that you want it

[解説]

自分自身に言い聞かせるように強がっていたら、周りもすっかり安心してしまい、孤独な状況は深まるばかり。誰にでもありがちなシチュエーションですね。

本当は泣き出してしまいたい!辛いと叫びたい!でも言えない…。そんな壊れてしまいそうな自分の心身の状態を、エンジンが止まってしまう「エンスト」に例えています。

誰にも助けを求められなくなった主人公は、「こっそり神様にSOS信号」を出します。
ここでの神様とは誰でしょうか。転送、既読というワードから本当の神様に当てているわけではなく、もしかしたら自分自身にメールなどを送信しているのかもしれませんね。もちろん、そんな相手は実際には存在しないのだから返信もくるわけありません。

「WHY? WHY ASK WHY? WHY?」(なぜ?なぜ?と尋ねてみる)ここは大文字表記になっています。強い感情の爆発を大文字を使って表現しているように感じます。

そして、実際にここから主人公の行動に大きな変化が現れます。
「好きなら好きだと伝えるべき」、「Let yourself go if you know that you want it」(さぁ、あなた自身を解放して あなたの望むように)。返事がこないなら自分で考えろ!孤独に落ち込んでいる暇があるなら、行動に移せ!と奮起しているんですね。

そして1番Cメロと1番サビの繰り返しに移っていきます。

 

アウトロの意味

【アウトロ】

Yeah relax yourself
and let go... let It go-go
Just feel the sugar love flow flow flow (x2)

[解説]

和訳すると、「さぁ、あなたらしくありのままに…。ただ溢れる砂糖のように甘い愛を感じて…。」という感じです。あなたらしくいればきっといい方向に向かうよと、そう励ましているかのように感じます。最後はどこか希望を信じる歌詞になっていますね!

  

おわりに 

いかがでしたでしょうか?恋にくじけ落ち込んでいるところから、前向きに這い上がるまでを描いた一曲です。自分もそんな状況になったらこの曲を聴いて勇気をもらえそうな気がしました!

 

歌詞の本当の意味はライブで聞こう!

歌詞に込められた本当の意味というのは、当たり前ですが作詞した本人にしか分かりません。

そんな時はライブに行きましょう!ライブに行けばMCなどでその曲に込められた本当の意味を聞くことができるかも知れませんよ!

■チケットを買うなら【チケットストリート】