みんなの思考屋さん

思考を拡げ深めるためのブログ。思考屋さんが、皆さまの考え事や世の中の出来事を皆さまの代わりに考えます。

次に来るのは動画。動画学習が何だかアツそう。

 f:id:koji_shikouya:20181129234630j:plain

どうも。思考屋のKOJI(@KOJI_SHIKOUYA)です。

 

最近、「動画」がアツいですね。

YouTubeはまだまだ右肩上がりの状況ですし、最近だとTikTokなんかも有名ですね。

これからもドンドン動画系のアプリやサービスは増えていくと予想します。

 

そんな動画時代の今、次に来るのは恐らく「動画学習」です。

時間軸的には5Gが普及しだす2020年以降、爆発的に伸びていくんじゃないかと睨んでいます。

 

動画学習とは

文字通り動画で学習するということですね。今でもYouTubeで英語を学ぶ人とか結構いるんじゃないでしょうか?音楽系の教育動画とかは割ともう一般的でしょうかね。

 

そんな動画教育ですが実は一昔前にもブームになったときはあったんです。ちょうどe-ラーニングとかが流行ってた時ですね。しかし当時は普及しなかった。それはなぜか?

 

当時は情報通信技術いわゆるITが、動画コンテンツを扱うにはまだまだスペック不足だったんだと思います。容量的な問題もありますし通信速度の問題もありました。

 

それが今ではどうでしょうか?容量や通信速度を気にする人ってもうほとんどいないんじゃないかと思います。さらにFree-WiFiもかなり普及しているので使用量を気にする人も減った。

 

さらに今後5Gが普及すれば、通信速度は約100倍、通信容量は約1000倍になる見込みだそうです。もう一切気にしなくなるでしょうね。

 

だからこそ再び動画学習が脚光を浴びるのです。

 

動画のメリットは?

じゃあ動画の何がそんなに良いのかというと、一番のメリットは「分かりやすさ」でしょう。分かりやすさという点で見れば動画以上のものはないと思います。

 

もう少しだけ詳しく説明すると、動画にすることで表現の幅が広がるんですよね。

例えば、動画にすることで視覚と聴覚という2つの感覚器官でインプットされるようになりますし、物語のように時間の流れを利用することもできます。

 

もう一つのメリットは「情報の受け手(視聴者)の負担がほとんどない」ということです。これまでのメディア媒体、たとえば本(文字)やラジオ(音声)って受け手にかなりの負担がかかってるんですよね。

 

例えば本の場合は文章から文脈を読み解く必要があったり、ラジオの場合は少しでも聞き逃すと内容が途端に分からなくなるので集中して聞く必要があったり。

 

それに比べて動画の場合は、文字と音声の両方を同時に使うことができるので理解は格段に楽ですし、聞き逃しても動画なら見直すことも可能です。

 

この「見直せる」ってとこもかなりのポイントでして、これが同じ動画のコンテンツであるテレビとの違いだったりもします。動画で学習するとなるとココが最も重要な要素に成り得るかもしれませんね。

 

来たるべき動画時代に備えよう

次の時代、「動画」が来るのは間違いないでしょう。なのでそこに向けて皆さんもぜひ今のうちから備えておきましょう。

 

例えば皆さんがもしクリエイターだったら動画で発信したり、ビジネスマンだったらビジネスに動画を絡める可能性を模索したり。最近だとブロガーがYouTuberを始めるというのが流行ってるみたいですね。

 

と言うわけで皆さんもそれぞれの立場で来たるべき動画時代に備えましょう。こういうのは早い者ほど得をしますよ!